臼井霊気療法誕生の背景

 

臼井甕男(うすい みかお)先生

  
臼井甕男氏は、慶応元年の1865年8月15日、岐阜県山県市谷合村(現在は美山町)で誕生されました。臼井家は、千葉一族を祖先とし、平安時代から鎌倉時代に活躍した武将だったそうです。

臼井甕男氏、霊気創始者

 
欧米や中国に数回渡航され、会社員、公務員、実業家、新聞記者、政治家秘書、刑務所の教戒師なども経験された後、「禅」の道に入られました。

そして、人生の究極とは、「安心立命」(あんじんりゅうめい)の境地に至ることだと悟られたのです。
 
 

「安心立命」、この言葉は、中国の北宋の時代に「永安道原」という人が編纂した「景徳伝燈録(けいとくでんとうろく)1004年」という本に出て参ります。

*この本は、五燈録の一つであり、漢以後、宋までの古文、すなわち「禅」の教えをまとめ、編纂したものです。
日本でも、五燈録の中で編纂された時代が最も古いこともあったのでしょう、「禅」の初学必読の書として読まれました。

*「五燈録」は、中国の宋時代に編まれ皇帝の勅許によって入蔵を認められた、五書を総称します。

「安心立命」の意味ですが、
『天命に身を任せて心を動かさず、いかなる時でも心が落ち着いていること』を意味しているそうです。

「安心」=心配がないこと 「立命」=天から与えられたものを全うすることで、
「天命に身を任せて心を動かさず、生死や利害に惑わされずに超然としている」という意味になるそうです。



さて、臼井氏は修行を続けられましたが、どうしても「安心立命」の悟りが得られず、
禅の師に相談したところ、「一度死んでごらん」と答えられ、1922年春、京都鞍馬山で断食修行を始められたそうです。

そして、
「断食中に大気に触れて不可思議に霊感し、治病の霊能を得たことを偶然自覚した」(臼井氏の言葉 臼井霊気療法必携より抜粋)
と言われ、これが臼井霊気の始まりとなりました。


以下、伝承部分に下線をつけます。

断食修行に入って3週間目の真夜中頃、脳に落雷をうけたような衝撃を感じ、そのまま意識不明の状態となりましたが、
夜明けにふと気付くと、心身爽快な気分に満ちており、その衝撃のときに感じたエネルギーが心身を貫き、体内との共鳴、(宇宙との)一体感を達成していました。


臼井氏は、宇宙と自分との一体感を、「宇宙即我 我即宇宙」という言葉で表現されています。

大宇宙と人体は全く同じもの(からできている)という意味です。
(霊気療法のしおり・臼井霊気療法学会より抜粋)

他にも、こんな言葉を残されています。


「人は小宇宙と言われるが、本来の健やかな状態を取り戻すには、大宇宙との響き合いが必要である。両者をつなぐものは気と光であり、それが霊気である。」

「宇宙の霊気は周囲に満ちているのだから、体内の霊気との響き合いができれば良い。」

「人が宇宙から使命(役割)を与えられ、生かされている存在であるとするなら、宇宙が人の病気や不幸を望むはずがない。」

「人は本来、宇宙から健康に、幸福につくられているが、人がそれに背を向けて生きているに過ぎない。」

「霊気に、むずかしい理屈はいらない。自分の最も近いところ(宇宙)に真理はある。」

人がバランスを崩した時は、「大宇宙の霊気を、ただ手を当てて流せば良い。」


臼井氏は、「大宇宙の自然法則と、小宇宙である自分との精神が常に統一され、一体とならなければならない」という事を、特に厳しく教えられたそうです。 

それが安心立命への近道なのでしょう。



伝承に戻ります。

悟りが得られたことに喜び、下山中、つまづいて足の指がはがれかけ、
思わず手を当てたところ痛みが去り、血が止まり即座に治癒してしまったといいます。山のふもとに小さな食堂があり、食堂の主人の孫娘が顔が腫れるほどの虫歯でしたが、頬に手を当てるとたちどころに痛みが引いたそうです。
さらに手当てを家族にも試したところ即効的な効果があり、手当ての力を確信されました。


臼井氏はこの力を、「臼井霊気」と名づけました。
前項でも説明させていただきましたが、「霊気」という言葉それ自体は
既に色々と使われている言葉でした。だからこそ、自分の名前を付けられたのでしょう。

そして、広く世の中の人にこの恩恵を与えたい、自他共に幸福を増進したいという思いから、
研究の結果、この能力(臼井霊気)を他人に伝授する方法である「霊受」(アチューメント)を生み出されました。

素晴らしい能力を発揮された方は、歴史的にも多くおられますが、
その能力を、ご自分だけの能力とされず、他の人へ伝授する方法を生み出されたことは、本当に素晴らしいことだと感じています。



臼井氏は、大正11年4月に東京青山原宿で診療・治療を開始されました。大変盛況で、屋外に長蛇の列ができるほどでした。お弟子さん達にご自分の事を教祖と呼ばせず、肇祖(ちょうそ・はじまりの人)と呼ばせる方であり、レイキ能力の多寡で、同じ段階での方々を階級付けされることもありませんでした。大変謙虚な方だったと思われます。

大正12年9月には、関東大震災で多くの方を救済され、大正14年2月には、治療施設を拡張するために東京中野に移転されています。その後、広島、呉、佐賀などに出張の折、大正15年3月9日、広島県福山市にて三度目の脳溢血が起こり、62歳で死去されています。(二度目の脳溢血まではご自身で治療されたとのことです。)

私は生命学的に臼井氏の寿命が短かったとは思いません。平均寿命は、明治時代39歳、大正時代43歳、昭和に入ってから、1947年(昭和22年)でも52歳です。当時とすれば20年以上長命なのです。全てをやり尽くされたのでしょう。
 


LinkIcon前のページ へ


 

Copyright Queenstea. All Rights Reserved.

◆所在地
東京都港区赤坂7-5-34
インペリアル赤坂フォラム702

 
◆受付
03-3588-1543
当日のお問合せも、お気軽にどうぞ♪
 
◆メールアドレス
info☆reiki.bz(☆を@にご変更)
queenstea.staff☆gmail.com(☆を@にご変更)
 
セミナー、セッション中は、お電話に出れない場合もございます。お問い合わせフォーム、留守番電話のご伝言等をご利用ください、折り返しご連絡差し上げます。

◆営業時間・休日
土日祝日も対応のため、不定休です。

◆最寄り駅
青山一丁目
(東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線)
出口4南より徒歩8分
出口4北より徒歩9分

乃木坂
(東京メトロ千代田線)
出口1より徒歩8分

赤坂
(東京メトロ千代田線)
出口7より徒歩12分

*赤坂小学校、アジア会館より徒歩3分、
カンボジア王国大使館より徒歩1分

東京駅丸の内口からタクシーも便利です。

詳しくは、メニューの「クイーンズティーご案内」をご覧ください。


 

Copyright Queenstea. All Rights Reserved.