海外のレイキの記事のご紹介

 
 

アメリカを代表する病院で、レイキは使われています 

 
アメリカを代表する総合病院の「べス・イスラエル」にて、代替治療の一つとしてレイキが使われており、2004年1月13日に日本経済新聞夕刊の一面、「アメリカのかたち」という記事の中で紹介されました。
 
日本経済新聞夕刊のレイキ記事

日本におけるレイキの施術は、心身ともに健康になる助けをするものであり、法的な医療行為(治療)ではありません。
 


 

アメリカのかたち 記事全文をご紹介します

 
ラベンダーの香り漂う部屋に横たわると、腕を解きほぐすマッサージが始まった。
手に握った温かい石がつぼを刺激する。
顔にかけたビデオ・ゴーグルではお気に入りの映画が進行中だ。
心地良さに浸っていると、優しい声が。
「では口を開けていただけますか」
ニューヨーク市の歯科医ローゼンバーグさんは治療に癒しを組み込んだ。
痛い、怖いといった不安を取り除き「歯科医をリラックスする場に変えたかった」という。
これがストレス社会に生きる米国人に受け、いまや”癒し系歯科医院が全米に続々と登場しつつある。
 
「ほら、入っていきますよ・・・」。

患者の背中にあてた医師の手から「気」が放たれる。
「Reiki(霊気)」と呼ばれる治療法を施すのは、街の小さな民間療法施設ではない。
米国を代表する総合病院、べス・イスラエル(ニューヨーク市)だ。
はり治療などの効用に着目し、米最大の代替医療センターを開いたのは2000年。
西洋医学一辺倒だった名門病院に風穴を開けたのは、患者の健康維持への執着だった。
「効果的な治療法をよく勉強している」
と責任者のメレルさんは認める。
 
南西部砂漠地帯にあるアリゾナ州ツーソンに全米から客を集める高級リゾートがある。
「健康合宿」が売り物のキャニオン・ランチだ。
フィットネスや医師団による診療を一時間刻みでこなしていく。
平均七日間の滞在中には運動や料理などの健康管理術も学ぶ。
参加するのはベビーブーマー層が中心。
合宿を終えたローゼンブルームさん(52)は「本当に若返ったみたい」と満足げだ。
「高齢期に入り、気力に体力が追い付かなくなった親の世代への反省が背景にある」とフロスト執行副社長は解説する。
 
悩める超大国アメリカ。
医療、教育、治安など社会の断面に顔をのぞかせる問題は根深いが、それを商機ととらえ、問題を解決していくたくましさも失っていない。草の根に広がる新しいビジネスを探してみた。
 


LinkIcon前のページ へ

リンク
プライバシーポリシー
サイトマップ
 
 

HOME | レイキのご説明 | 日本経済新聞のレイキ記事

Copyright Queenstea. All Rights Reserved.

◆所在地
東京都港区赤坂7-5-34
インペリアル赤坂フォラム702

◆メールアドレス
info☆reiki.bz(☆を@にご変更)
 
◆受付
03-3588-1543(電話&FAX)

当日のお問合せも、お気軽にどうぞ♪

セミナー、セッション中は、お電話に出れない場合もございます。

お問い合わせフォーム、ご伝言またはFAXもご利用ください、折り返しご連絡差し上げます。

◆営業時間・休日
土日祝日も対応のため、不定休です。

◆最寄り駅
青山一丁目
(東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線)
出口4南より徒歩8分
出口4北より徒歩9分

乃木坂
(東京メトロ千代田線)
出口1より徒歩8分

赤坂
(東京メトロ千代田線)
出口7より徒歩12分

*赤坂小学校、アジア会館より徒歩3分、
カンボジア王国大使館より徒歩1分

東京駅丸の内口からタクシーも便利です。

詳しくは、上のメニューの「アクセス」をご覧ください。